長田哲也のホームページへようこそ

〒606−8502 京都市左京区北白川追分町
京都大学 大学院理学研究科  宇宙物理学教室
NAGATA, Tetsuya
Department of Astronomy, Kyoto University
Sakyo-ku, Kyoto, 606-8502 JAPAN
Nagata at 1.2 micrometer
1.2 micrometer image
近赤外線で見た私です
Nagata at 10 micrometer
10 micrometer image
中間赤外線で見た私です
講義など:

全学1回生向け前期の 宇宙の観測400年の歴史

全学1回生向けの 宇宙科学入門

おもに工学部物理工学科1回生向け後期の 物理学基礎論B [電磁気学] 2017 New!

理学部2回生向け前期の 天文学概論

理学部3回生向け前期の 基礎宇宙物理学I 輻射

理学部4回生向け前期の 銀河・星間物理学

大学院研究科理系横断型(Bタイプ)前期の 宇宙環境・センシング学

おもに大学院 物理学・宇宙物理学専攻向け前期の 赤外線天文学

他大学・大学院の 特別講義 (名古屋大学・東北大学、神戸大学・新潟大学・茨城大学)

理学部 宇宙物理学教室の 学部向け教務案内のページ

プロジェクト:   

岡山県浅口市の 国立天文台 岡山天体物理観測所 の隣接地に
口径3.8mの新技術望遠鏡を建設し、
次世代の30m級超大型望遠鏡に向けての技術開発をする
「京都 岡山 3.8m 新技術望遠鏡計画」
2006.8.1 記者発表配布資料pdfファイル
2010.3 望遠鏡計画書pdfファイル 17メガバイト
2015年の仮ドーム設置を完了し、2017年のファーストライトをめざしています。



南アフリカ天文台 SAAO1.4m望遠鏡IRSFを設置し、観測を続けています。 (98年2月の研究会での発表) (99年4月の学会発表) (2000年2月の新聞記事) (2000年10月の学会発表)  (2000.12.7-8.「マゼラン星雲と星形成研究会」集録) (2001年3月の学会発表) (2001年8月の公開セミナー発表 原稿) (2001年12月IRSF-SIRIUSワークショップでの発表) (2002年1月マゼラン大ワークショップでの発表) (2003年2月8日のプレスリリース) これまでの新聞記事
●1.4m望遠鏡IRSF  背景説明(プレスリリース関連)    概要  ( 光学系 マウンティング 制御系 設置サイト )
●今夜の IRSF   (南アフリカ天文台での 1.4m望遠鏡建設 (2000.9.)から今(2007)までの歩み を含む) New!更新中 IRSF Tonight (English Page)
南アフリカの天文学 その歴史 2001.10.
南アフリカ天文台での 開所式 (2000.11.)の写真 1.4m望遠鏡ドーム建設 (2000.4.)のページ
天文月報97年12月号に書いた記事から: われらがライバル? 2MASS南の1.3m望遠鏡の写真
サーベイの比較
関連企業: 西村製作所 ハイデンハイン 横河エム・エー・ティー シーク電子
南ア1.4m望遠鏡のページ   主力観測装置SIRIUSのページ
マゼラン星雲大研究のホームページ   マゼラン大ワークショップ2002.1のページ

お見苦しい個所はどうぞご指摘ください:    2017