第7回 可視赤外線観測装置技術ワークショップ 2017

2017年11月16日(木) - 11月17日(金)
京都大学 北部キャンパス 益川ホール(北部総合教育研究棟内)
(会場へのアクセス。建物配置図にて13番北部総合教育研究棟内)


開催趣旨

近年の天体観測技術は先鋭化を極め、研究者にとって着想から開発に至る道のりは険しく長くなりつつあります。特に概念設計までのプロセスには理学・工学分野を中心とした広範な専門家間の情報共有と検討が望まれます。 また大規模計画の装置における人材育成は長年の課題となっています。大学で行われるユニークな技術開発を長期計画に緩やかに接続することが重要であるという点は昨年のWSで強く指摘された課題です。この点においてもコミュニティが大きく、技術開発自体も目的とする工学分野との交流は非常に有力な解決の糸口となるでしょう。 そこで、本ワークショップでは例年通りそれぞれの装置開発の進捗状況を共有し、課題を議論するとともに、このWSの活動を広く工学分野の方々にも紹介し、要素技術の専門家からの観測技術へのフィードバックを円滑に行う下地作りを目指します。

過去のプログラムと講演スライドは以下のURLからご覧頂けます:
[ 第6回 可視赤外線観測装置技術ワークショップ ]
[ 第5回 可視赤外線観測装置技術ワークショップ ]
[ 第4回 可視赤外線観測装置技術ワークショップ ]
[ 第3回 可視赤外線観測装置技術ワークショップ ]
[ 第2回 可視赤外線観測装置技術ワークショップ ]
[ 第1回 可視赤外線観測装置技術ワークショップ ]


プログラム・オンライン集録

招待講演の予定

調整中

11月16日(木)

TBD

18:00頃予定 懇親会

11月17日(金)

TBD

ポスター発表

TBD

参加および旅費補助申し込み

本ワークショップでは装置開発の現状や課題の紹介、周辺技術、要素技術に ついての講演を広く募集します。特に現在進行中の院生の研究発表や 技術系職員、関連分野の工学系研究室の発表も歓迎いたします。

なお、今回から口頭発表される方にもできるかぎりポスターの掲示を お願いしたいと思います。これは限られた口頭発表での質疑応答では できないような深い議論を行うためのものです。スライドのコピーでも 構いませんので、ご検討いただけますようお願いします。

参加を希望される方は申し込みフォームに記入の上
!!!!!10月20日(金)午後5時!!!!!!!
までに世話人 astroinst2017_at_kusastro.kyoto-u.ac.jp(_at_ は @) までメールでご返送ください。旅費財源は限られており 補助希望に添えない場合もありますのでご容赦ください。

ご意見、ご要望は下記世話人までお願いします。


世話人

栗田 光樹夫 (mikio_at_kusastro.kyoto-u.ac.jp) _at_を@に書き換えください。
高見英樹、尾崎忍夫、岡田則夫、早野裕、岩田生、高遠徳尚、美濃和 陽典、松林和也、秋山正幸、坂野井健、本原 顕太郎、菅井肇、宮田隆志、高橋英則、市川隆、吉田道利、海老塚昇、片坐宏一、和田武彦

問合せ先

e-mail: astroinst2017_at_kusastro.kyoto-u.ac.jp(_at_ は @)


本ワークショップは国立天文台研究集会、TMT研究会、計測自動制御学会システムインテグレーション部門による支援、日本光学会、日本分光学会、日本天文学会、株式会社オプトロニクス社の後援で開催されるものです。