水曜雑誌会 (Wednesday Seminar)

水曜雑誌会は、恒星物理や太陽・プラズマ物理に関する論文、自身の研究等を紹介しあうセミナーです。

schedule

seminar in 2017a

前期の雑誌会の発表内容と予定です。

日付発表者(予定)題名・発表内容
4 月 12 日上田
1. 超高光度X線源の可視スペクトル(ULX研究会)
2. ブラックホール観測:現状と展望(高宇連研究会)

4 月 19 日野上
スーパーフレア研究のこの1年の進展と3.8m望遠鏡での研究計画

2016年度に我々のグループで進められたスーパーフレアについての 研究を、天文学会での前原さん、野津君、幾田君、行方君の発表をもとに レビューする。また3.8m望遠鏡でどういう観測計画を立てているかを 紹介する。

4 月 26 日榎戸
雷雲での高エネルギー物理学

粒子加速の仕組みを宇宙の多様な天体で理解することは、宇宙物理の大きなテーマである。希薄な宇宙空間での「磁場」による加速現象はこれまでにも議論されてきたが、近年、高密度な大気中で粒子加速が起きる稀な観測対象として、雷雲や雷放電の「電場」の役割が注目を集めている。特に、冬季の日本海沿岸には強力な雷雲が到来し、それに同期した放射線の増大が報告されており、絶好の観測対象である。我々は2006年に理研と東大で連携してGROWTH (Gamma-Ray Observations of Winter Thunderclouds) 実験を立ち上げ、雷雲の電場で相対論的な領域まで加速された電子からの制動放射ガンマ線を観測してきた。2015年からは、専用の小型測定器を石川県に多数設置して加速現象の誕生、発展、消滅までをマッピングする新規プロジェクトを展開し、学術系クラウドファンディングや現地の高校や大学の支援を得て観測を拡大している。2016年度には、511 keV の対消滅線の信号など多様性に富んだ複数の雷雲に同期する高エネルギー放射を検出できている。本プロジェクトの最新成果を議論したい。

5 月 3 日休会
憲法記念日

5 月 10 日加藤


5 月 17 日前田


5 月 24 日若松


5 月 31 日小田


6 月 7 日幾田

6 月 14 日谷本


6 月 21 日木邑


6 月 28 日


7 月 6 日磯貝


過去の雑誌会の内容はこちらに。
2016 年度前期
2016 年度後期
2015 年度前期
2015 年度後期
2014 年度前期
2014 年度後期
2013 年度前期
2013 年度後期
2012 年度前期
2012 年度後期
2011 年度前期
2011 年度後期
2010 年度前期
2010 年度後期

水曜雑誌会では発表メンバーを募集しています!!

2017 年度世話人: 谷本
tanimoto_[あっと]_kusastro.kyoto-u.ac.jp