English

Welcome to Keiichi Maeda's Home page

前田啓一
京都大学 理学系研究科・宇宙物理学教室

京都大学・理学研究科・宇宙物理学教室で天文学の研究をしています。 超新星やガンマ線バーストをはじめとする宇宙における爆発・突発現象について、理論と観測の両面から研究しています。またこれらに関係するトピック (観測的宇宙論、恒星進化論、元素、宇宙線や塵粒子の起源、など)も研究対象です。

理論的研究においては様々な手法を用いますが、 特に流体力学、元素合成、輻射の物理を軸に、コンピュータ上 でのシミュレーション計算が主体となります。 また、これらの理論研究から得られた知見に基づく理論予測 をテストするため、観測的研究も行っています。 日本のすばる望遠鏡(@ハワイ)やヨーロッパのVLT望遠鏡(@チリ)などの近赤外―可視域での観測提案、ALMA望遠鏡(@チリ)などの電波域での観測提案、チャンドラ宇宙望遠鏡、すざく宇宙望遠鏡などのX線域での観測提案を行っています。また、すばる望遠鏡での観測では、ハワイのマウナケア山頂にある望遠鏡を頻繁に訪れ実際に望遠鏡を使っての観測を行っています。

超新星、ガンマ線バーストともにまだその起源やメカニズムは 多くの謎に包まれています。また、近年の観測研究の進展により、起源の全く分からない突発・爆発現象の存在も知られてきています。私の研究の目標は、 これら現在の宇宙でのもっとも激しい現象と、これらが宇宙の進化に及ぼした影響を理解することです。

また、これらの現象(の少なくとも一部)は非常に明るいため、宇宙のはるかかなたで発生したものを地球から観測することができます。 逆に、その観測から宇宙の遠方の様子を知ることができます。 宇宙の様子を知るためにはどのような観測をすればよいか、 また実際の観測データからたとえば宇宙の進化についての情報を どのように引き出すか、そういった宇宙論的研究への応用手法を 編み出すことも研究の目標としています。