月曜雑誌会
Monday seminar

○ 月曜雑誌会では銀河、及び観測機器を主なテーマとした勉強会を行っています。

内容はゼミ形式で、毎回1人の発表者に論文紹介、レビュートーク、
研究の経過報告、etc.をしていただくというものです。

他分野の方でも気軽にご参加下さい。

2018年度後期の予定表と発表内容

発表者 題目/参考文献 スライド
10 1 木野

Title:「可視光多色同時撮像装置」と「近赤外偏光撮像装置」

10 8 休会(体育の日)
10 15 山本

Title:The mass of the young planet Pictoris b through the astrometric motion of its host star
Ref: Snellen & Brown, arXiv:1808.06257

10 22・29 森本

Title:Seidel収差論からNodal収差論へ
Ref: Investigations into geometrical optics I,II, Thompson 2005, JOSA A, 22, 7

PDF
11 5 西岡

Title:Focal plane wavefront sensing and control strategies for high-contrast imaging on the MagAO-X instrument
Ref:Kelsey Miller et al. 2018, arxiv : 1807.04381

PDF
11 12 津久井

Title:Artificial guide stars for adaptive optics using unmanned aerial vehicles
Ref:Basden et al. 2018, arXiv:1803.08945

PDF
11 19 前田

Title:The Effect of Galaxy Interactions on Molecular Gas Properties
Ref:Kaneko et al. 2018, ApJ, 860, L14, Pan et al. arXiv:1810.10162, Saito et al. 2018, ApJ, 863, 129

PDF
11 26 松林

Title1:Blueberry Galaxies: The Lowest Mass Young Starbursts
Ref:Yang et al. 2017, ApJ, 847, 38
Title2:KOOLS-IFU制御ソフトウェアの現状 (2018年11月版)

12 3 善光

D2中間発表:銀河系内のセファイドを利用した新しい磁場構造解析

12 10 長田

Title:A New 3-D Picture of the Milky Way with Classical Cepheids
Ref:Skowron et al. arXiv:1806.10653

PDF
12 17 岩室

Title:Quasar main sequence in the UV plane & The Sloan Digital Sky Survey Reverberation Mapping Project: Accretion-Disk Sizes from Continuum Lags
Ref:Kozlowski et al. arXiv:1810.09363, Homayouni et al. arXiv:1806.08360

HTML1 HTML2
12 24 休会(振替休日)
12 31 休会(冬季休業)
1 7 和田

1 14 休会(成人の日)
1 21 名越

1 28 西岡

修論発表練習会

2 4 鈴木

レギュラーメンバー(敬称略)

太田、長田、岩室、栗田、木野、松林、山本、森本、善光、前田、和田、西岡、鈴木、津久井、名越


MAIN発表以外のshort talksなども随時募集しています。
観測結果報告、研究会報告、論文の速報、呼びかけ演説など、大歓迎です。
雑誌会の席でいきなりやってもらってOKです(事前に一言あると助かりますが)。

過去の発表内容(2018前期〜2017後期


2018年 4月 1日
世話人:前田 郁弥 (404号室)
fmaeda アットマークkusastro.kyoto-u.ac.jp

月曜雑誌会メーリングリストのページへ(宇物内部用)

京都大学理学部宇宙物理学教室のホームページへ