国友一貫斎の発明


●気炮
文政2年(1819)に一貫斎が製作した国産初の空気銃
●弩弓
洋弓
●神鏡
水戸徳川家、紀州徳川家に献上した魔鏡。国友村日吉神社に奉納した 神鏡が現在に伝わる。文政7年(1824)
●懐中書
万能万年筆、印形、糊入れ付き(文政11年)
●懐中筆
万年筆(文政11年)
●玉燈
油ランプ
●ねずみ短檠
自動給油式の灯台
●空船
風船
●青銅小刀
 
●発火ひうち
 
●火箸
 
●真鍮笄
かんざし
●水揚げ
ポンプ
●水中に沈みいきのできる法
潜水具
●阿鼻機流大鳥飛術
飛行機
●鉄砂吹分法
 
●テレスコッフ遠眼鏡
天保4年(1833)に一貫斎が製作した国産初の反射望遠鏡(一貫斎のページで説明)


一貫斎のページへ戻る