講演者名:大内

タイトル:超新星直前に起こる激しい質量放出の起源

アブスト:近年における超新星と濃い星周物質の相互作用や、爆発直前の星(親星)の観測などから(Mauerhan et al. 2013)、大質量星の一部は爆発直前に非常に高い質量放出率を示すことが明らかとなってきた。しかし、そのようなことが起こる原因は分かっていない (Quataert & Shiode 2012)。そこで私は、爆発直前の星の内部に様々な方法でエネルギーを人為的に注入し、その後に起こる質量放出と星の進化を計算することで、超新星が起きるときに期待される星周物質の構造、性質を調べる。最終的にはそれらを観測と比べることで、質量放出の起源を明らかにすることを目指す。本発表では研究の背景と現状について述べる。