講演者名:早川

タイトル:Binary Population Synthesis and Disk wind driven Supernovae: Implication for Gravitational wave and their EM counter parts

アブスト:これまでの研究では、hyper accreting BH からの円盤風によって超新星等の突発天体現象が起こりうるかをモデル計算により議論してきた(Hayakawa & Maeda 2018 submitted)。hyper accreting BH は重い星から作られると考えられているために、近年見つかってきた重力波やそれに関連した電磁放射現象について示唆を与えうる。本発表では、これまでの研究をレビューしつつ、これから新たに取り組もうとしている研究を紹介、議論する。