とりあえず、GNUPLOTに関するメモ。
GNUPLOT tipsのwebは良くまとめられていると思う。

軸、枠の調整

枠が細くて見えない場合等に調整します。
set border lw 2
で太くなります。数字を変えると太さが変わります。 また、
set border lt 2
とかすると線種を変えることができます。枠を消したいときは
unset border
とします。 また、枠を太くすると、メモリが潰れて見えにくくなるので、
set ytics scale 2.0
として、目盛の大きさを変えることができます(上記は規程値の2倍になっている)。 枠の太さを2.5倍、y軸の目盛の大きさを1.8倍に変えた場合の前後の図を以下に載せます。
 

日付のデータを別の軸に載せる

時系列のグラフを描くときにJDと日付を併用すると見やすい。
下のようなグラフを描くときの軸の設定方法:
set xrange [54300:55850]
set xlabel "JD - 2400000"
set x2data time
set timefmt "%Y/%m/%d"
set x2range ["2007/07/18":"2011/10/15"]
set format x2 "%Y.%m"
set xtics nomirror
set x2tics "2007/06",3600*24*365*5,"2012/06"	Scaleの幅は秒が単位
set x2tics add ("2007/08","2008/01","2008/07","2009/01","2009/07","2010/01","2010/07","2011/01","2011/07")
set mx2tics 60	mxtics (minor tics)は自動スケールされた目盛にしか適用されない

上で行っていることをかいつまんで説明すると、
1.2007/06と2012/06だけ自動でplot(間隔は5年分)…本当はうるう年を入れないといけないでしょうが。
2.適当な日付に目盛を追加
3.mx2ticsでは自動でplotした1.の目盛を60等分する(5年*12ヶ月)
になります。

Data set, block のこと

Gnuplot ではデータ行、データセット、データブロックに分けられる。
例えば、以下のようなデータがあった場合、それぞれは次のように定義される。
	#col1	#col2	#col3		行	セット	ブロック
	aaa	bbb	ccc		0	0	0
	ddd	eee	fff		1	0	0
(空行)
	iii	jjj	kkk		0	1	0
	lll	mmm	nnn		1	1	0
(空行)
(空行)
	rrr	sss	ttt		0	0	1
	uuu	vvv	www		1	0	1
	xxx	yyy	zzz		2	0	1
つまり、データセットは1行の空行、データブロックは2行の空行で分けられる。
データセットのカウントは、ブロックが変わるとリセットされる。

データ行、データセット、データブロックはそれぞれ『0列』『-1列』『-2列』に値が入る。つまり、

p "Datafile.dat" u 1
p "Datafile.dat" u 0:1
は同等。
"using" を用いる時にデータ行、データセット、データブロックの列を指定することは可能だが"$-1"のような表現はないので、column(-1)のようにして指定。
例えば、データブロックとデータセットの和を横軸にしたい場合は、
p "Datafile.dat" u (column(-1)+column(-2)):1
のようにする(そんなときはあるのかなぁ。。。)。

条件を付けてplot

ある条件を満たすデータだけプロットしたいときには、例えば
p "Datafile.dat" u 1:($2>0 ? $2: 1/0)
のようにする。
上の例では2列目の値が正のものだけプロット。

間引いてplot

X行飛ばし、とかX行からXX行までをplotとかする方法

everyを用いる。

plot "Datafile.dat" every i:I:s:S:e:E u 1:3 
で、それぞれ、 を指定する値が入る。指定しない場合は何も書かず、後ろのものは省略可能。以下、例。
plot "Datafile.dat" every 3 u 1:3		3行おきにプロット
plot "Datafile.dat" every :4 u 1:3		4ブロックおきにプロット
plot "Datafile.dat" every ::5::27 u 1:3 	5-27行目をプロット(実質6-28行目)
plot "Datafile.dat" every :::6::28 u 1:3	6-28ブロックをプロット(実質7-29ブロック)
plot "Datafile.dat" every ::5:: u 1:3	5行目からをプロット
plot "Datafile.dat" every ::::27 u 1:3	27行目までをプロット
plot "Datafile.dat" every 3::5::27: u 1:3	5-27行目を3行おきにプロット
plot "Datafile.dat" every :4::6::28 u 1:3	6-28ブロックを4ブロックおきにプロット

線の色指定

線や点の色を指定する方法。
p f(x) w lc rgb "color-name"
Gnuplotで予め設定されている色は以下の通り。尚、
show palette color
で色の名前とrgbの値が見ることができる。
■white■black■gray0■grey0■gray10■grey10
■gray20■grey20■gray30■grey30■gray40■grey40
■gray50■grey50■gray60■grey60■gray70■grey70
■gray80■grey80■gray90■grey90■gray100■grey100
■gray■grey■light-gray■light-grey■dark-gray■dark-grey
■red■light-red■dark-red■yellow■light-yellow■dark-yellow
■green■light-green■dark-green■spring-green■forest-green■sea-green
■blue■light-blue■dark-blue■midnight-blue■navy■medium-blue
■royalblue■skyblue■cyan■light-cyan■dark-cyan■magenta
■light-magenta■dark-magenta■turquoise■light-turquoise■dark-turquoise■pink
■light-pink■dark-pink■coral■light-coral■orange-red■salmon
■light-salmon■dark-salmon■aquamarine■khaki■dark-khaki■goldenrod
■light-goldenrod■dark-goldenrod■gold■beige■brown■orange
■dark-orange■violet■dark-violet■plum■purple