宇宙物理学分野

大学院 入学試験情報

(募集概要・過去問題)

宇宙物理学分野 の入学試験は、「物理学・宇宙物理学専攻」として 物理学第一・第二分野 と合同で行なっています。

2022年夏実施入学試験の、2023(令和5)年度大学院修士課程学生募集 の 募集要項は、理学研究科の 大学院入試・修士課程 ページ にあります。
物理学・宇宙物理学専攻 の 大学院入試・修士課程 ページ にも、情報が載っています。

宇宙物理学分野を志望する場合の願書の記入例は こちら (pdf ファイル)

大学院修士課程入学試験(2022年夏実施)における英語外部試験(事前受験)の導入延期について (2021.10.25 掲載)

物理学・宇宙物理学専攻においては、TOEFL-iBTかTOEIC Listening & Readingのいずれかの外部英語試験のスコアレポートの提出で英語の筆答試験に代える予定にしていましたが、新型コロナ感染拡大防止対応として2020年夏及び2021年夏に実施の入学試験には導入しませんでした。2022年夏に実施の入学試験についても状況は不確かであり、英語外部試験の導入は見送ります。

口頭試問に関して

口頭試問は第一次合格者を対象とします。
口頭試問では、 レポートの内容、もしくは物理学あるいは宇宙物理学に関する講義・ゼミナール・実験・観測・実習などを通じて強い関心を持った一つの問題を選んで口述してください。口述時間は7分以内です。
そして、単に学んだことの羅列や、本に載っている式の展開を得意気に述べてもらうことを期待しているわけではありません。
なぜその問題に関心を持ったのか等をしっかり口述することを強く推奨します。

物理学・宇宙物理学専攻 大学院入試のページ

試験当日の台風などに関しても、上記のページをご覧ください。

宇宙物理学専攻における研究や教育の内容については、
研究内容
をご覧ください。


過去問題: 2004年度以降の入試問題は物理学・宇宙物理学専攻として共通です。

物理学・宇宙物理学専攻 大学院入試のページをご覧ください

PDFファイルを読むにはAcrobat Reader が必要です。

[教室 Home Page]
更新 2022/3/19